社内クラブ活動「卓上遊戯倶楽部」(3月特別版!)

こんにちは、部長です。
さてさて今回は休日出張特別版

「みんなでボードゲーム専門店に買いに行こう!」

活動時間:3/5(日)15:00~3/5(日)18:00 <出張!>
参加メンバー:3人(男性1:女性2)

<今回の活動内容!>
①高円寺にあるボードゲーム専門店「すごろくや」に買いに行きました!
※「すごろくや」で新作ゲーム「そっとおやすみ」の試遊会に参加!

②近くのおしゃカフェでご飯を待ちながら購入したゲームを一つテストプレイ!

③帰宅後、部長がこっそり自宅で購入したゲームの中身確認、そっとほほ笑む。



<すごろくや>
すごろくや

高円寺から徒歩4~5分くらいかな?2Fに有ります。
中は狭めですが、ぎっしりボードゲームが「キッズ向け」「ランキング」など見やすく展開され、日曜の昼すぎはお客さんでいっぱいでした。(※この日は近くの会場でアウトレットもやってた影響もあるかもしれません、遊部はゆっくり行ったので、アウトレット会場に行った時はすでに完売・撤収後でした…)

今回、なんでわざわざボードゲーム屋に行こうかと思ったかというと、部員ひらぴょん第二のリクエストゲーム「リッチモンド貴婦人」がAmazonや楽天、ヨドバシのオンラインで売って無い!
すごろくやのオンラインには在庫があるのですが、
「どうせ都内だし、せっかくだから日曜暇な人で専門店に行きましょう!^O^」
といことで急遽決定された日曜特別出張版


初のすごろくやに中をテンション高めでみる部長・ひらぴょん・しほち。
そうしてると店員さんに声をかけられ…「今から新作ゲームの試遊会をやりますがいかがですか?」「やります」と即返答で店内はじっこの机につく三人。
写真はないので気になる方は後で検索してください、「そっとおやすみ」
絵柄はとってもファンシーで可愛く、ルールも非常に簡単
店員さんいわく、昔あったゲームの復刻盤で、一見子供向けに見えますが大人のが盛り上がる、とのこと。
アラサー三名で今回参加しましたが、個人的感想は「酒が入って判断能力が鈍ってくると中盤から非常に楽しいと思う」でした。
可愛くない感想ですみません(笑)
試遊会は3週だけで終わってしまったので、ルール把握したね~くらいで終了。
私以外の遊部メンバーも身内以外とゲームをするのは初めてだったと思うので、やっぱり外にでるのも重要だな!とにっこりしてました。

さてさて、今回はせっかくなので実際に店舗を見て各自気になったゲームを買おう!というルールを設けてみました。
その結果…購入されたゲームを軽く紹介します。(実際のゲームレビューはやった時のブログで!)
ゲーム一覧
左から、リッチモンド貴婦人、ナンジャモンジャ(緑)、狩歌(かるうた)、Cucco(クク)21、犯人は踊る。

リッチモンド貴婦人はひらぴょんが自分でレビューを見てやりたいと言ったリクエストゲーム!

クク21は部長がボドゲ仲間からの評価が高いと購入を決めていたゲーム!

狩歌はJ-POP大好きしほちが楽しそう!と店頭で決めたゲーム!

ナンジャモンジャ(緑)犯人は踊るは店頭ランキング棚から三人で選びました。

ナンジャモンジャはシロとミドリの二種類箱があり、違いを店員に聞いたところ、
「ルールは一緒ですが中に描かれてるキャラクターが白は可愛い系、緑はキモカワ系です」と。
その結果、しほちが「緑がいい」と即答したのでこちらを購入…。



<おしゃカフェでテストプレイ>
15時高円寺集合のくせにお昼ご飯を食べてない部員ばかりが集合したので、ちょっと遅めのランチ?早めのディナー?に高円寺のおしゃカフェへ…。
周りのお客さんから隔離されたロフト席(とんでもなく急な階段を上りたどり着く座席スタイルの空間)へ案内された三人。
てすとぷれい
犯人は踊るをご飯が来るまでにテストプレイ。
これはカードだけで出来るゲームなので机の上が取っちらかず、騒がず、三人で出来て簡単に終わりそうなのでチョイス。
人数にもよりますが1ゲーム5~10分で終わります!
そんな感じでルールを読みつつ1プレイも終わり間近なころ、ご飯が到着。
ロフト席に片手でドリアを持ってくる店員がいるので、思わず三人で感動しました。
※本当に階段急です、ドリア何個もなんて重いし、凄い!

犯人は踊るはルールが簡単でボドゲ経験ない人に勧めるのにはお手軽でいいかもしれません。
感覚的にはババ抜きに近いかな~、でも持ってるカード次第で戦略も生きるはず。
1回しかやって無いので全種のカードが見れず、今日お目にかかれなかったカードの効果はまた次回のお楽しみに…。



<キモカワ見たさに…>
解散後、購入したボドゲを預かり、帰宅。
ボドゲの楽しみの一つにキットの中身を見る、というのがあります。
ブログ見てる人も気になってるんじゃないかな~と思って、とりあえずナンジャモンジャ(緑)を見てみよう。
nanjamonja
ん~~~~~~キモカワ(笑)
このゲームは、この何とも言えない奇妙な生物に名前を付けていくゲームです。
一度付けた子の名前は忘れずに、新しい子には新しい名前を…。
これは…プレイヤーの数が増えると意外と難しいぞ!?
緑と白両方買って混ぜて遊ぶと12人まで遊べます。
このゲームは購入できる場所も多く、子供の知育にもなんだかいいみたいです。
ロシア生まれ。
子供と遊べるちょっとしたゲームを探してる方がいたら、思わずお薦めしちゃうかも。


ではでは次回。
皆さんもボードゲームに興味を持ったら、是非一回専門店に足を運んでみるといいかもしれません^v^
特別出張版、遊部の活動ブログでした!