合格体験記

こんにちは。
ゲットイットの椎名です。

先日、ファイナンシャルプランナー2級に無事合格しました。
社会人として必要なお金のことを最低限知っておきたい、という気持ちから始めた学習でしたが、
知識が身に付き、「資格」という見える形が手に入る、ということ以上に、
時間をつくって計画的に何かを学ぶ習慣の大切さ、というものを
深く感じられたのが収穫だったと思っています。

ゲットイットには明確な教育制度がありません。
仕事を覚えるまでの「研修」制度はありますが、ひととおり仕事ができるようになった後、
何を目指して、どのように社会人として自らの価値を高めていくのか、ということについて
きちんと考えよう・実現しよう、と後押しする制度はないのです。
その意味では、キャリアアップ支援制度がない、と言っていいかもしれません。

研修期間という明確な半人前期間が終われば、
自分は何を目指すのか、どう成長していきたいのかは、本人次第といっても過言ではありません。
「必要だと思ったら、自分の判断で行動してください」の考え方がここでも発揮されているわけです。
悪いことではないのですが、自分を律する強い意志のない人には難しいことでもあります。
そして強い意志とは、簡単に身につくものでもありません。

こういう風になりたい、こうしたい、という思いがあっても、
なかなか行動に移せない、実現できない、という人が大半ではないでしょうか。

今回感じたのは、資格の勉強というのは、
何かを始めるための絶好の足掛かりになるということです。
取り組んだ結果何が得られるのかが明確なので、自分の気持ちや周囲を納得させやすい。
受験時期が決まっているのでペースメーカーとしても適している。
毎日少しずつ、を続けていけば、自分に適したやり方も分かってくるし、
自分が本当に興味あるのはこういうことだったんだ、というのも見えてくると思います。

「これをやって こうなってください」という絵は描かないのがゲットイットだけど、
何かしたい、でも何をしたらいいか分からない、という人のガイドになる存在は必要です。
資格部がそういう存在の1つになったらいいなと思っています。