社内クラブ活動「卓上遊戯倶楽部」(11月1回目)

こんにちは、部長の ほんます です。(※折角なので、今回から部員を *あだ名で* ブログに表記させてきますね。遊部っぽいので。)
「卓上遊戯倶楽部」略して「遊部(あそぶ)」の第2回目の活動報告です。
前回のブログを上げた翌日くらいに、取引先の方から「部活動のブログ見たよ~^^」と声をいただき、ちょっぴり恥ずかしかったり嬉しかったり。

活動時間:11/2(水)19:30~22:00(+ 延長戦~23:30)
参加メンバー:5人(男性2:女性3)
<今回のラインナップ>
・ボーナンザ 
・キャット&チョコレート ~幽霊屋敷編~
・カタンの開拓者たち(キャリーケース版+木製コマ) 
*****************************
今回はまず、前回人気だった【ボーナンザ】を1勝負。(※ルールは前回のブログ参照)
1ヶ月たってないはずなんですが、どういう訳か部員のみなさんルールを忘れまくりで、「それは出来ないよ~」というようにストップをかけながら何とか1勝負。
結果は一番ルールを忘れていた たぐたぐ(女性) が優勝、普段の人望?(or無茶苦茶な条件の押し売り?)
ごっし~(女性) なんかは今のところこのゲームが一番好きと言ってくれてます!
このゲーム、難易度で言うと ★★☆ くらいなので、ボードゲーム導入にしてみれば少しハードルが高い(…はず)、それが好きって言えるなんて頭の回転が早い証拠ですね~。
以下、今回初挑戦のゲームの紹介です。
****************************
①【キャット&チョコレート ~幽霊屋敷編~】
原産:日本 プレイ人数:3-6人 
所要時間:20分 対象年齢:8歳~
簡単な説明:カードに書かれたシチュエーションに対し、指定された枚数の小道具を使って切り抜ける。(連想ゲーム)
勝利条件:2チームに分かれて、多く票を持っていたチームが勝ち。
コメント:
日本を代表するボードゲームの1つで、名前を聞いたことがある人も多いとおもいます。
幽霊屋敷編だと、「幽霊」とか「動く甲冑」とかそういうホラーシチュエーションを、手持ちの小道具…たとえば仮面・チョコレート・チェーンソーなどを使ってどう切り抜けるかを考えます。
ルール上では過程と結果を言えば良いだけ…なんですが、今回私以外全員初体験!
何が起きたかというと、私の説明を受けて一番手の ひらのん(男性) が、突然演劇を始めました。
それを見て、後続の人も恥ずかしながら演技をし続ける。
面白かったので途中まで黙ってたんですが、お陰で通常20分くらいで終わるゲームが全然終わらず(笑)
皆さんから「楽しかったけど、恥ずかしかった」と感想をもらいました。そりゃそうだ!
****************************
本当はここで、区民館の借用時間が終了。
帰ろうか…となった矢先、誰かが「明日は祝日」と言い始めました。
5人中4人残って、まさかの場所を変えての延長戦…!!!
****************************
②【カタンの開拓者たち(キャリーケース版)】
原産:ドイツ プレイ人数:2-4人※通常版だと拡張キットが買えます。
所要時間:60分 対象年齢:8歳~
簡単な説明: サイコロを振って、未開拓の島を開拓していく。
勝利条件: 先に10ポイントとった人が勝ち
備考: ボードゲームの王様と言ってもいいくらい世界中で有名。一度ハマると大変と噂。数々の受賞歴がある(ここにかけないくらい)。
コメント:
1ゲーム終わらず時間切れで解散になってしまったんですが、このゲームの途中から「次回遊部の予定を早くたてて!」という声が続出。
私も噂だけ聞いていて、やりたいやりたいと思っていたのですが、この初ゲームでハマりました…。
これは…やばい…、翌日休みの日に家でお酒飲みながら徹夜でやりたい。
持ち運びを考えて、キャリーケース版(最大4人まで、拡張キットが使えない)を買ったことを後悔。
ものすご~~~く人に薦めたい、たくさんやりたい。

たぐたぐ「私たちが世界大会でれるのはいつ?」

とっても気が早い話ですが、ハマってくれてなにより。
****************************
次回、「カタンの開拓者たち」続投。多分三時間くらいこのゲームぶっ通しでやります。
何故ならめちゃくちゃ面白かったから。
是非、気になった社員のみなさん、遊部に遊びに来てくださいね~。