検査の仕事とは?

こんにちは、営業事務の竹下です。

寒い日が続いていますが、風邪など引いていませんか。
今回は検査の仕事内容について、1ヶ月間のユニット研修期中に教えて頂いたことを簡単にお伝えします。
検査の仕事としては入荷物の検査、出荷前検査、不良機器の検証などがあります。
基礎的な日常業務しては、弊社規定の検査シートに従って行う外観や内部の目視検査から機器の動作確認、データの消去まで行います。
社会での役割としては、IT機器が壊れて使えなくなったとお困りになっているお客様のお役に立っています。
例えば、サーバーやネットワーク機器は会社の大切なデータがやりとりされるので一瞬たりとも止めてはいけない機器です。
そんな大切な機器に、電源が付かない、HDDが壊れてしまった、なんて事件が発生したらどうすればいいでしょう。私たちは、そんな冷や汗をかいている企業のために、迅速な対応をしています。
また、コンピュータが壊れてしまったとき、たった一つの部品があればまだ使えるのに、その部品がメーカーにないと、大切なデータを諦めなければならないかもしれません。
私たちは、そのたった一つの部品を探し、データもろとも捨てずに済むように、お手伝いをしています。
ゲットイットの検査がどのような気持ちで仕事に取り組んでいるか、どのように社会に貢献しているかを少しだけイメージできましたでしょうか。
次回は営業事務の仕事内容について記載したいと思います。