あら探し

坂本ゼミに入りいろいろな会社に行くようになって勉強を続けるある日、
自分はいい会社の見学にいってもその会社の”あら”を探していることが
あることが分かりました。

『ここがいまいちだ』、『本当かよ』と。
その会社が眩しければ、眩しいほどにです。

特に同業であったり経営者が似た年齢であれば負けたくないと。
そんな自分に気付いたのも有る本の一行からでした

”負けたくないと思った時点で負けてる、だって勝って
いる相手にそんなこと思わないだろ、そういう考え方
だから負けるんだ”

久々粉々に吹き飛びました。

今年は、
”この会社がお客さんを喜ばせてるものって何だろう”
と心新たに勉強に励みたいと思います。